NEWS

サハ東急が『Teachme Biz』を活用し、タイにおける人材育成と言語の問題を一気に解決! ~従業員用の手順書の整備で作業品質の均一化に貢献、お客様への対応もスムーズに~

プレスリリース

>>>PDFダウンロード<<<

【報道発表資料】

2019年11月22日
株式会社スタディスト


サハ東急が『Teachme Biz』を活用し、タイにおける人材育成と言語の問題を一気に解決!
~従業員用の手順書の整備で作業品質の均一化に貢献、お客様への対応もスムーズに~

国内外の約 2,600 社が有償利用するビジュアルSOPマネジメントプラットフォーム「Teachme Biz」(ティーチミー・ビズ)を提供する株式会社スタディスト(本社:東京都千代田区、代表取締役:鈴木悟史、以下「スタディスト」)は、日本の東急株式会社とタイ消費財大手のサハグループの合弁会社であるサハ東急コーポレーション(本社:タイ シーラチャ、取締役社長:須山真慈、以下「サハ東急」)で、現地従業員に対して効果的、かつ効率的な教育を行うためのツールとして、動画や写真で簡単に標準作業手順書を作成、共有できる『Teachme Biz』が活用されていることを発表します。

サハ東急では、日々複数のお客様から、シャトルバスの乗り方やお部屋の不具合の問い合わせ方法など、多岐にわたる問い合わせがあり、『Teachme Biz』導入前は日本人駐在員がその対応のために時間を要していました。

そこで『Teachme Biz』を用いて、お客様対応マニュアルや“よくある質問集”を作成・配布したところ、サハ東急への直接の問い合わせ数が大幅に減少したばかりでなく、現地従業員でもお客様からの質問に適切に対応することが可能となりました。

今後は、現地従業員が自らマニュアルを更新し、日本人従業員の指示がなくても能動的に動ける体制を目指しています。

■サハ東急による「Teachme Biz」導入の背景
サハ東急は、タイのなかでも日本人駐在員が多いシラチャ地区で、家族と一緒に過ごせる時間を大切にしたサービスアパート「ハーモニックレジデンスシラチャ」を運営しています。

『Teachme Biz』導入前は、160組以上のご家族に対して、15名程度の現地従業員と、2名の日本人駐在員という最低限の人数で運営を行っていたため、日本品質のサービスやアパート運営ノウハウが充分に浸透、蓄積されていませんでした。そのため、現地従業員の異動や退職に伴う後任へのスムーズな引継ぎがうまく行えない課題を抱えていました。

そこでサハ東急では、さらなる社内の情報共有体制の強化を図りつつ、かつ現地従業員との言語の壁を気にせずコミュニケーションができるツールの導入を検討。

このうち、動画や写真も使えて簡単に標準手順書の作成、共有ができる『Teachme Biz』の導入を決定。

人材育成や現地従業員とのより円滑なコミュニケーションの基盤として、『Teachme Biz』の活用が始まりました。

■実際の活用方法と効果
1.『Teachme Biz』で手順書を整備し、作業品質の均一化に貢献
入居者の入れ替わり時における部屋の修繕作業や、ショールームのご案内方法、社内購買などの定型業務を『Teachme Biz』で写真や動画を交えた視覚的な理解も促す標準手順書を整備。

言語の壁を越えたスムーズなコミュニケーションが実現したほか、作業品質の均一化を図ることに貢献しています。

2.“よくある質問集”で、お客様からのオーダーに対して現地従業員だけでも対応可能に
ごみの出し方やシャトルバスの乗り方、洗濯機の使い方、エアコンのお手入れ方法、トゥクトゥクの呼び方など、引越しされたばかりのお客様から多く寄せられる質問の回答を作成して配布。

さらに、お部屋の退去時の方法もお客様と共有できるようにしました。これにより、現地従業員でもお客様の問い合わせに対して迅速かつ的確に回答することが可能となり、顧客満足度の向上につながっています。

■今後の展開
サハ東急では、サービスレベルのさらなる向上に向けて、『Teachme Biz』を活用して質問集の更新・配布を継続的に行っていくとともに、電気設備や水道ポンプの不具合など緊急時のトラブルにも、どの従業員でも対応できる体制づくりを進めています。
 また今後、事業拡大に伴って入社する新しい現地従業員の教育においても『Teachme Biz』を使いながら、現場の担当者が率先してマニュアルを更新して社内で共有することで、日本人従業員のアドバイスがなくても自ら動ける新たなステージへの昇華を図っています。

■Teachme Bizについて
クラウド型のビジュアルSOPマネジメントプラットフォーム「Teachme Biz(ティーチミー・ビズ)」は、企業の標準作業手順書の作成、管理を効率化することで、生産性を大きく向上させるソリューションです。手順書の作成時間を大幅に削減するだけでなく、人材育成効率化や顧客満足度の向上など、様々な成果が報告されています。2019年7月現在、約2,600社が有償利用しています。利用料金は1社あたり月額50,000円(税抜)から。
https://biz.teachme.jp/

※SOPとは:標準作業手順書(Standard Operating Procedures)

■ 株式会社スタディスト 会社概要
所在地:東京都千代田区神田錦町1-6 住友商事錦町ビル9階
設立: 2010年3月19日
資本金: 6億7,474万円(資本準備金含む)
代表者: 代表取締役 鈴木悟史
事業内容: ビジュアルSOPマネジメントプラットフォーム「Teachme Biz」の開発、販売
ウェブサイト: https://studist.jp/

「伝えることを、もっと簡単に。」というミッションのもと、クラウド型ビジュアルSOPマネジメントプラットフォーム「Teachme Biz」を開発、販売。企業における情報伝達ロスをなくし、「知る、考える、創り出す喜びにあふれた、知的活力みなぎる社会をつくる」というビジョンを掲げるスタートアップ。

■ 報道関係者 お問い合わせ先
株式会社スタディスト
担当:森 広報:佐賀
電話:03-6206-9330
E-mail:pr@studist.jp